花森弘卓の大学や卒アル写真|被害者とはサークルが同じだった|両親(父親・母親)は他界

ニュース

東京都港区の白金高輪駅で22歳の男性に硫酸をかけ、現在も逃走している花森弘卓容疑者。

全国に指名手配されたことで、様々な情報が明るみになってきました。

今回は、花森弘卓容疑者の高校や大学、そして被害者男性(22)と同じだったサークルについてまとめていきます。

 

 

花森弘卓のプロフィール

 

 

名前:花森弘卓
読み方:はなもり ひろたか
年齢:25歳
職業:不詳
住所:静岡市葵区

 

 

花森弘卓の卒アル写真特定

 

花森弘卓 卒アル

 

花森弘卓容疑者と思われる男性の、卒アル画像が流出していました。

本人と特定されていないため、顔は処理しましたが、口元のホクロが今回指名手配されている

花森容疑者とよく似ています。

 

 

 

 

 

こちらのツイートをされた方は、花森弘卓容疑者と同じ大学だったのでしょうか。

 

大学時代の彼からはこんな事をするとは想像つかないよ…

 

この発言からも、普段はおとなしい性格だったのでしょう。

 

さらに、近隣の方の証言が入ってきました。

 

花森容疑者を知る近隣住民  

「学校には毎日行っているようだった。家で庭で虫を育てる研究をしていた。本人には、ここのところちょっと会っていない」

花森容疑者を知る近隣住民  

「硫酸のあれでしょ、そんなことをやるなんて全然思わない」

花森容疑者を知る近隣住民

「おとなしそうな子だった」

花森容疑者を知る近隣住民

「2週間ぐらい前に見たかな。(Q.どんな様子)普通」

花森容疑者を知る近隣住民

「本当に普通の男の子で挨拶していくよ。今の若い衆にしては、いい子だなというくらい」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

 

花森弘卓容疑者は、自宅の庭で虫を育てる研究をしていたようです。

「おとなしい子」

「挨拶していくいい子」

花森弘卓容疑者に対する印象は、悪いものではありませんでした。

そんな花森弘卓容疑者を犯行へと駆り立てたきっかけは、今後明らかになってくると思います。

 

花森弘卓の大学やサークルは?

 

花森弘卓容疑者(25)と被害男性(22)は、同じ大学のサークルで、先輩後輩の仲だったことが新たに分かりました。

 

大学で同じサークルに所属していたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。

 

花森容疑者が通っていた大学、そしてサークルを調べましたが、

現時点では情報が少なく、特定できませんでした。

花森容疑者はガタイがいいことからも、スポーツ系のサークルだったのかもしれません。

また、虫の研究が好きだったことからも、昆虫の生態に関わるサークルだった可能性もありますね。

 

後輩である被害者男性(22)との間に何があったのか?

犯行にいたった経緯や動機について、情報が入り次第更新します。

 

 

花森弘卓の両親は他界していた

 

 

花森弘卓容疑者の両親についての情報がありました。

花森容疑者の両親は病気で他界されているということです。

そして、現在は息子である花森容疑者が、静岡市葵区の一軒家に一人で暮らしていました。

 

 

事件の1週間ほど前に顔を合わせたという親類の女性は

 

「特に変わった様子はなかった。(指名手配されたと聞き)びっくりしている」

と話していたそうです。

この1週間の間に犯行のきっかけになるような出来事があったのかもしれません。

 

世間の声

 

同じサークルで揉め事が起こったとすれば真っ先に浮かぶのは女性関係だけど、犯人が逮捕されない内は全て憶測でしかない。とにかく自殺などの逃げ切りだけは防いで欲しい。

警察は速効犯人を特定して凄いな。
硫酸を使い顔に酷い重傷を負わせる手口を思えば、「一生涯苦しめ!」と深く強い恨みがあったのだろう。
一度自宅に帰ったのに居ない事から、逃げ続けるつもりなのかそれとも…
被害者は勿論ですが、社会に不安を与えたのだから早く捕まって欲しいと思う。

 

無差別でないことに対して少しほっとしている。
誰でもいいとかそういう発言をされると、精神病だのなんだので罪が軽くなる恐れがある。
そういう弁護士による弁護方法はこの手の事件で一番見たくない報道。
とりあえず、関係ないかたに傷を負わした罪を重罪としてもらえると一番いい。

つまり被害者は後輩か。
3年も後輩にどんな恨みを持つんだろう。
女性関係、金銭トラブル… 硫酸まで持ち出すような恨みって想像できないな。
早く確保しないと自ら命を絶ってしまうかも。

さすが警視庁。
早期の犯人指名手配見事すぎます。

今後、クレジットカードを使ったりSuicaを使ったりすることで逮捕は時間の問題ですね。
これ以上被害者を増やさないでほしい。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました