【高槻市】5年生男児マスク付けたまま死亡!小学校はどこ?学校の責任は?

ニュース

今年の2月、大阪府高槻市にある小学校で、体育の授業中にマスクをしたまま持久走をしていた5年生の男児が死亡しました。

小学校はどこなのか、また責任は学校にあるのか。

当時の様子を、亡くなった男児の母親がツイートしていたようです。

 

亡くなった男児の母親のtwitter

 

亡くなった男児の母親が、2月にツイートしていましたので掲載させていただきます。

 

令和3年2月18日 12時39分

息子さんは帰らぬ人となりました。

マスクとの因果関係は不明なものの、確かに可能性は0ではなさそうです。

 

 

3月23日のツイート

病理検査が行われるというツイートがありました。

死因の特定はできるのでしょうか。

 

3月5日のツイート

小学校で保護者説明会があったようです。

教育委員会の人は、お通夜に挨拶に来ただけでした。

 

 

学校内で起きた事故ですが、責任を追及することはできるのでしょうか。

 

責任の所在は?

今回の事故で、学校側は責任の追及をされると思います。

というのも、文科省のガイドラインには、このような記載がありました。

 

 

 

 

○ 体育の授業及び運動部活動におけるマスク着用の必要はない。

これは各学校へ周知されているんじゃないですか??

 

 

熱中症を防ぐために、マスクをはずしましょう

大きく書かれています。

事故があったのが2月だったこともあり、熱中症の危険を考えていなかったのかもしれません。

ですが、母親のツイートではこのように書かれていました。

5分間走中に倒れ死去

5分間マスクをつけたまま走り、亡くなったということです。

担任は、マスクを外すように指導していたのでしょうか。

このあたりは、今後追求されると思います。

例えば、学校内で子供同士がぶつかってケガをした場合も、学校の責任になるみたいです。

 

学校や教師は、教育活動において生じる危険から子どもを守る「安全配慮義務」を負っています。

つまり、体育の授業や部活動、学校行事など、学校生活の広範囲にわたって責任が生じると考えられていますので、損害賠償を請求できる可能性が高いでしょう。

出典:法律事務所水戸オフィス

 

学校は感染症対策をしながら、今回のような事態を考慮しなければなりませんので、気苦労だと思います。

でも、また同じ事故が起きるかもしれませんので、しっかり向き合ってほしいと思います。

 

 

 

高槻市の小学校はどこ?

亡くなった5年生の男児は、高槻市の小学校に通っていました。

ニュースでも、小学校名は発表していませんでしたね。

高槻市にも小学校が多数あり、いまだ特定できていない状態です。

何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、コメントをお願い致します。

母親のtwitterに対するコメント

 

 

まとめ

今後、湿度と気温が上がる季節に入っていきます。

感染症対策は必要なものの、子供たちの健康被害が懸念されます。

小さなお子さんだと、自分でマスクを外していいのか判断ができないことがあります。

学校によっては、強制のところもあるようです。

学校は、これを機にしっかりと対策を考えなくてはならないと思います。

このような悲しい事故が起きないことを祈るばかりです。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました